たしかに正しいけど、その通りだけど。

ブログじゃないという体でまとまった文章を置いておきたい場所

何番煎じかわからない - 第二部

 僕らの関係性もある程度落ち着いてきたある日、ソファに座る僕に寄り掛かるようにしてテレビを眺めていたユズは急に身を乗り出すと、弾けるような動作でこちらに振り向いた。

「おにいさん今の見ました?」

「え? テレビの話? ごめんよく見てなかった」

 僕が観ていたのはユズだったから仕方がない。そんな返答をもろともせず、ユズは僕の膝の上に甘えるようにしな垂れ、体を捩ってこちらを見上げた。

「わんこの、大会? みたいなのがあるですか」

 ユズの頭を軽く撫でてやりながら視線をテレビに向けると、ちょうどそこにはよく躾けられきびきびと動く犬とその飼い主の姿が映されていた。どうも何かの競技会の様子を紹介する番組のようだった。

「たのしそうです……わたしもあれやりたいです」

 ユズはテレビに顔を向けると、きらきらした表情で溜息を漏らした。勢いよく振れる尻尾が時折脇腹にまで当たってくすぐったい。

「この辺でああいうイベントがあったかな……ちょっと調べてみるよ」

「本当ですか?! れ、練習しなきゃ……!」

 僕の肯定的な返答にユズはころりと床に着地し、飛び起きて落ち着かない様子で腰を下ろしてこちらを上目遣いに伺っている。彼女の喜びようには毎度微笑ましさを感じずにはいられないが、まだその希望が叶うことが決まったわけではない。

「気が早いよユズ、これから調べるんだから。まずそういう大会があって、その内容がわかってから初めて必要な練習ができるんだからね」

「でも、でも!」

 続けて撫でようと頭の上に持ってきた手に顔を擦りつけながら、ユズは懇願してくる。

「テレビの子も、たのしいたのしいって……ご主人様と一緒に訓練するのが好きって……」

「そんなこと言ってたんだ。そりゃ、僕もユズと一緒に何かの目標に向かって頑張るのは楽しそうだなって思うけどね」

「はい! そうです! やりたいやりたい!」

 ユズの意見に同調すると、彼女はそう言いながら僕の脚の間に割り入ってきて顔を舐めようとするので、その前に手を挟み込み少し顔を逸らして遠慮した。
 ユズは拗ねたような顔をして仕方なくといった風に僕のおなか辺りに顔をうずめた。

「すぐに調べてみるから、ちょっと待ってて」

 よしよし、と代わりに頬を両手で挟み込むようにして揉むなどしてやりながら、僕はどこかで開かれる大会で活躍するユズの姿に想いを馳せた。どこの犬よりも僕らは確実な意思疎通ができるんだ、負けるはずがないだろう。そうしたら何かご褒美を用意しておかなければならない。なんでもユズは喜ぶだろうが、何をあげたら、何をしたら、より喜んでくれるだろうか――
 考えながらユズの体を弄ぶ。きゃあきゃあと声を上げながら身を捩るユズにこちらの手もエスカレートしていく。
 そのときの僕はまだ、その後に待っている大きな変化の予兆に気づくことができずにいたのだった。

何か楽しいこと言って?

 最近は書くことがなくて日記を書いていませんでしたが、本当に書くことがなかったのか、振り返ってみるとなるほど、帰ったらずっとふにゃふにゃしながらゲームやってるわけですから、そりゃそうだって感じですね。ダメですよダメ。何も楽しいことなど言えないん。

 

 まあそういうわけで、他人が聞いて楽しい話題ではないでしょうが、最近は牧場物語の新作を買ってやっています。

 牧場物語といえば、私はハーベストムーンからちょこちょこやっているクチなのですが、そこまで熱心なファンではないので口は噤んでおきましょう。

 今作の所感だけはせっかくなので残しておきます。

 

 部屋の中で時間が進むのがうぉぁって感じ。

 農作物や畜産物のステータスが多くてやばい。

 時間に追われていろいろなことができない。

 未だに虫とかトロフィーの一覧が見られるのかどうかわからない。

 攻略本を間違えて大丈夫じゃないやつ買ってしまって凹んでいる。

 男キャラ選んで女みたいな容姿にすることで事なきを得た。

 夏に紫蘇の栽培が遅れて詰んだ。

 花屋が最初から媚びてきている感じがしてとてもこわい。カスミさんくらいでたのむ。

 野生動物が仲間になると思って必死にコミュってたけどダメでした。

 馬に乗って即金バイトすると迷子になる。

 大黒屋のDMの言葉遣いが気になる。

 双子の私みたいな名前の方が好きなわけですが、段々女王様の方もかわいく見えてきた(ちょろいオタク)

 花屋はコーンミールを紅茶に入れるな。

 フルーツパンにすいかを使うな。

 バナナ植えるタイミングミスってただの観葉植物になった秋のこの頃。

 大きい動物小屋作ろうとして大きいトリ小屋もうひとつ作っちゃったのでおしまい。

 

 こんなところですかね。

 あんまり拘らずにさくさく進められてるのでとりあえず2年目には行けそうです。早くいけすが欲しい。じょうろの範囲と容量を強化したい。

 

 

 あと何やってただろうか。アニメもあまり観られていないのです。

 タブー・タトゥーとアイスタちゃんとももくりを観ました。

 魔装云々と美術部云々とタイムトラ云々は1話しか観ていません。早く観なきゃ。

 

 

 ああそうです。ちょっとくらい何か書きたい気持ちはあるのでした。まずは集中して想定を練る訓練をして、勘を取り戻す必要がありますので如何ともしがたさ。うぇぇん。

性について

 私の性について詳らかにしてしまうような記事になっちゃうので性癖明かさないマンとしては多少厳しいところがありますが、まあ事実としてのみ触れたいと思います(前置き)

 

 あと、性(せい)じゃなくて性(さが)ですからね念のため。

 

 具体的にはキ×××を囲うって話です。

 

 さて、くまみこちゃん楽しい勢として、くまみこちゃんの最終回が騒がれたことが恐ろしくてたまらなかったのですが、いざ観てみて……まああれだけまちちゃんがキ××ってたらそりゃびっくりしますよねって感じでした。

 個人的に一番やばいのは神楽演舞後の温かな声援に対して石を投げつけるという悪意と認識したあの描写ですね。原作にもあるのかな。他人に危害を加えられる妄想。

 あれがまちの病的な部分を際立たせて、まちの病気を治す物語を読んでしまいがちになるのではないかなっていうのが個人的な予想です。病気は治す方が良いものですからね。良き事、ハッピーエンドに流れた方が落ち着く人が多いのだと思います。

 オチとして、それがそうはならなかったのだからさあ大変。期待を裏切られることがやだみの実体でありますから、まあそういうことになるのかな、というところです。びっくりしますよね。

 

 私はそうはならなかったわけなんですけど、それってキ×××を囲う類型の話で捉えているからなのかなあと思っています。

 キ×××の定義をあんまりしたくないんですけれど*1、まあくまみこちゃんでいえば、まちの病的な部分をそのように捉えておけばよいですね。

 まちの対人恐怖という異常性が関係性の薄い者らを排斥するという作用を持つわけですけれど、それを逆手にとって、彼女がより他者との関わりを断つような方向に展開を持っていくことで、関係性の閉じた狭い世界が堅固に出来上がっています。キ×××を囲い込みました。こういう関係性の構造が見られる話を私は勝手にキ×××を囲う類型と呼んでいます。

 

 例えばすぐに思い浮かぶのが電波女と青春男のエリオちゃんですね。あとは中二病小鳥遊六花とか、琴浦さんとかもそうですね。キ×××とよくわからない部活(コミュニティ)を創るってやつがまさにそういう。俺ガイルとかはがないも見方によっては……。

 関係性が壊れないので安心ですね。本当かな?

 

 まあこういう類型は制作上も物語に関係ない他者を出演させなくていいっていうことでメリットがあるんですが、よくわからないMobに寝取られたりする可能性も減るのでwin-winですよね。俺嫁勢としては。

 ただ私が殊くまみこちゃんに対して俺嫁ってるかといえば必ずしもそうではなくて、単純に類型に押し込めて読めたので、期待を裏切られることがなく、やだみも少なかったなあっていうだけのお話ですな。まあキ×××囲おうって話なんだから、キ×××性を補強しておくのは悪くはないでしょ。そして最後にはちゃんと囲えてよかったね。ぐらいなところです。想定の範囲内

 

 

 めっちゃ適当なことを書いていることを自覚しています。多分本当はもっと理由がはっきりとしているんだと思います。でもそれを詰めるようなバイタリティもないので免責にこうやって言い訳を記しておくのです……(雑魚)

*1:というか、TT「キ×××」とは違うなあ。まずいまずい

脂肪を落としたいですよね

 そう、脂肪を落としたいですね。

 でも最近は、2か月かけて上下左右の親知らずを抜いたこともあり、早い時間に自由に振舞えないこともあり、それが可能な日は雨が降ったりなんだりでまともに発狂できてないのです。意識的な発狂が求められる。

 ただ、そぉーっと体重計に乗るとそんなに増えていることもない。でも体重じゃなくて問題はおなか周りの脂肪なのですよね。筋量が落ちても体重は落ちるんですよそりゃ。

 

 話は変わって、先日かつての同期同士が結婚するというので否応なしに挙式に参列してきました。久し振りに会った人に「やせたね」などと言われて気づいたのですが、確かに以前より体重は落ちています。数年前のピーク時から比べると6kgぐらいは落ちています。あと、苦労して上下左右の抜歯をしたのが効いてるんじゃないかしら(いやしかし)

 だからとりあえず体重はそれほど気にしないようにしようと思うのです。これ前にも書いたな……でもそうか、巻尺……しかし……腹周りの脂肪……でも……。

 

 しゅっとしてぇ。

 

 

 アニメを多少観られています。

 強いくまみこちゃんが一番好きかもしれない。アイスタちゃんは別枠という感じで比較できないので除けば、です。やっぱり村モノですよね。村の因習に搾取される少女。あと普通に日岡さんのお声がかわいらしくて好き。

 あとはふらいんぐうぃっちがやっぱりいいですかね……やだみが少なくて。犬養さんと幽霊のひななる者がかわいいですね。それと千夏。

 迷家も観ています。こちらはやだみの塊。あんまり腰を据えては観ていません。不真面目という意味じゃなくて、やだみを直視すると疲れるから……(衰弱)

 あとはばくおん。これも特にやだみがなくて観やすい。羽音がきりたんぽ振り回しながらがおーとか言いそう(意味不明)

 少年メイドはさryちゃんって感じだけどやっぱりやだみがない。よい。

 三者三葉もやだみがない。さいこーでちゅー!! 胃袋ブラックホールの声が面白くて好き。メガネはNO。

 

 あとの日常は無。

アニメと連休

 連休は3・3・2という感じの設定で過ごしています。こんにちは。

 

 最初の三連休で見極めて、次の三連休もおそらく大丈夫かと思われたこともあって急遽旅行へと参加させてもらってしまいました。

 ご迷惑をおかけしたことがいろいろとございましたがその節は大変申し訳なく……ただ、欲望に身を任せた結果私は大変有意義で楽しい時間を過ごせました。お世話になりました。
 旅行から帰ってさryちゃんといつかの麻雀の話の続きみたいなものをしていました。さryちゃんが性癖は明かし得でしょ。みたいなことを仰っていたので、疲れた体と頭であ、そっかぁって感じになってしまってちょっと話しちゃった。うへぇ。
 それから空いた時間を見繕ってアニメを少しずつ観ています。まだ新しいクールのアニメをちゃんと吟味できていない状況ですがそもそも地の不利がやばすぎて映らn

 

 細かく個別具体的な事を書いていくよ。

 

●旅行のこと

 大洗に行きました。ガールズ&パンツァーなる作品のオンリーイベントがその舞台であるそこで開催されるということで、そこにぶつけて旅行が計画された形でありました。私の所属していたサークルの友人たちとご一緒させていただいたのでしたが、当初連休中私が身動きが取れない公算が高く、名乗りを挙げておりませんで……突発的衝動によって同行してしまったのでかなり迷惑な存在となりました。重ね重ね申し訳ございませんでした。

 行きの電車は乗り継ぎが意味不明でしたが結果的に面白おかしいこととなったので良かったです。本当は直前まで南下しての遠回りルートをとろうと思っていたのですが、面白いルート通った方が話のタネになるかなって思って面白ルートを使ったのでした。

 温泉に入ったり体触られたり海産物食べたりオンリーイベント覗いたり芋餡食べたりメロンアイス食べたり商店街歩いたりから揚げ食べたり神社に行ったり堤防を歩いたりして帰りました。楽しかったです。

 今度は運転にも協力できればと思います。ただし道がわかる人が助手席に乗ってくれたのむ。

 

●アニメのこと

 ちらほら観ているアニメの感想をさかこちゃんに倣って少し書いていくよ。

アイカツスターズ!

 これがアイスタちゃんですか。

 アイカツ!と比べると普通のアニメに寄せてきている感じですね。

 陰口は言うし同年代の異性とは絡むしメガネがもう出てる。

 アイカツ!にあった独特の空気は感じないのでまあ……別作品としてちゃんと観なくちゃ、いけないんだよね。決して悪いことはございません。

 あと楽曲はよろしい。EDのエピソロは好き。新しくなった筐体でも遊びたいと思います。

 

○ふらいんぐうぃっち

 男が嫌いじゃない。棒ですけど、あのぐらいの感情の動きが心地好い。安心する。

 あと犬養さんかわいくて好き^^

 千夏も面白くて好き^^

 

少年メイド

 観てるとさryちゃん思い出しちゃうけど安定してて好き。

 心が温まりますね。へらへら。

 

○ばくおん!!

 まあ……はい。知らない世界だけど面白いですね。傍から観ている分には。

 お金と時間と精神的余裕が無限にあったら単車もいいのかもしれません。でも事故って死にたくはない。

 きんモザに出てくるユニオンジャックのあれみたいなキャラが弄られているところが好き。もじゃもじゃしてるキャラが弄られてるのも好き。メガネ好きじゃない。

 

三者三葉

 スミレちゃん! スミレちゃんが一般校堕ちしているん……!

 でもメガネはNO。跳満……いや倍満、じゃな。ただこのメガネ……ONEの里村さんにちょっと似ててEmotion...嫌です。

 あとは新井里美みてぇな声のメイド好きー。全体的にギャグのセンスは悪くない。そんな感じです。

 

○12歳。

 進んでるぅ。

 なんというか、やっぱり少女漫画主人公ってこんな感じ、ありますよね。

 多分思った人は神様はじめました。とかでも思ったんだと思います。甘えて許される。赦されてしまう。そういう安心感を与えるような構造が見受けられますよね。まあ……この場合、主人公は小学生なわけですから、いいんですけれどね!(何かを意識している)

 そしてもうひと組の主人公じゃない方のカップル、ショーパン(以下略)女とツンデレ()少年の方が魅力的に見えてしまう現象が起きてます。

 結衣ちゃん、オタクに好かれそうなキャラしてるよね。でも桧山君も魅力的なんだと思うなぁ。キャラクターとして。初々しく真っ当に健全に順調な感じ(今のところ)のカップルに対しての主人公カップル。どう見ても後者がやばやばなのですが、そのやばやばが作品全体として赦される。露骨に言えば後者“上げ”な感じに表現される。そのことでこう、共感したときの快楽を高めるのかな。なんて(あまり気持ちの悪い観方をするものではないと怒られたくない)

 

○迷家-マヨイガ-

○くまみこ

○あんハピ♪

○パンでPeace!

 観なきゃなぁ。
●さryちゃんの性癖の話
 さryちゃんがショタはツラが女みてぇならイケるんだよ。って話していたのでなるほどって思った。あと先天的なふ/た/な/りは百合に近接したときに発狂するのでNOとのことであった。そして「ふ/た/な/りに掘られるよりはメスショタに掘られてえ、これだけは真実を伝えたかった」とも仰っていた。現場からは以上です。

 はい。そんな感じです。後半も頑張っていこー。

新年度への殺意高まる時季

となりました。皆様いかがお過ごしか。

 私は未だに先週末に抜いた右側上下のあれの傷が癒えず、厳しい歯肉となっております。味がやばいん。


 さて、先日土曜日には社会に射出される者らを囲む会という名目で、元は個人的飲みにけーしょん、だったらしいものに混ざらせていただきました。
 お会いできたしまむらくんさんをはじめ、金本さんやSNJ(配慮)さん、会にはあれでしたがさかこちゃんやうみのさんやいーそうくんほか(あんまり人を把握してないのかなり申し訳ない)、後輩の射出組の皆様におかれましては大変お疲れ様でした。そしておめでとうございました。
 社会の拘束時間に負けず、オタカツ!頑張っていってね。標記のとおりですが、強く生きてほしい。感情を失わないように。


 私といえば、最近はアイカツ!なるコンテンツが終わろうとしていて自分を失いそうです。アニメ最終回がちょうど31日なので、そこで頭破七分して年度の切り替わったあとには何考えてるかわからないゴミ屑マンがそこにある可能性が高いです。
 今も何言ってるかわからない(割愛)なのでたいして変わらないですね。これからもよろしくお願いします。