たしかに正しいけど、その通りだけど。

ブログじゃないという体でまとまった文章を置いておきたい場所

9月連休のこと(小嘘)

19、20日と岩手県は遠野市へ旅行へ行ってまいりました。 先日福島に旅行に行きましたが、高まりすぎてこの旅行の新幹線チケットを取ってしまったのが、8月23日のことでした。この日程はちょうど遠野でおこなわれていた日本のふるさと遠野まつりにぶつけた形…

音楽の好みについての5

思い出したように再開するゴミ屑(挨拶) 4ではアニメにするかゲームにするかという感じで終わっていましたが、ちょっとだけ音ゲーやってることもあってゲームからの音ゲーからのアニメにします。アニメ畑の人間じゃないから本当はゲームを最後に回した方が…

旅行とかいうものをしてきました。2

21日から福島県に旅行に行っておりました。 謎の行程でごちゃごちゃ行ったので多分忘れちゃうと思う……というわけで、写真とともに振り返っておきます。 画像だらけなので畳みますね。

なんかいろいろ

日曜日にはコミケに行っていろいろ本を漁りましたが、例の如くサークル買いがほとんどでした。そしてほぼほぼエロだという……。 理由を考えたのですがね、やっぱりエロは情報収集が楽で。非エロは自分で探していかないといけないなあ、と。そう思いますね。 …

謎のスキット3

観光客などで混雑した駅前の広場。そこに置かれたベンチによく目立つ色の髪をした少女が腰かけていた。少女の周りはわずかに人が疎らで、皆遠巻きにちらりと彼女に目を遣っては、通り過ぎていく。 そんな少女に見覚えのある者がたまたま近くを通りかかってい…

作品の価値について

特に大それたことを言うつもりもないですし、できもしないのですが、メモ程度に書き散らかしておきます。 価値という単語がTTじみていてあれですが、特に狭い意味があるわけではありません。良い悪いのベクトルのお話です。 作品の価値を大きくふたつに分け…

謎のスキット2

鉄製のベンチに腰掛けて話す面々の間には、祭りの後特有の燻る残り火のようなじんわりと興奮した空気が横たわっている。そこに涼しげな秋の虫の音色が差してえもいわれぬ絶妙なバランスを取っているように感じられた。 「何度も観てきたけど、やっぱりこう、…

謎のスキット

ふと背の小さな少女がこんなことを言いだした。 「先生ってさ、どうしてうちの学校に来たんだろうね」 それを受けて赤い髪を切り揃えた少女が答えた。 「どうしてって……確かに。言われてみるとなんでだろ」 「なんかこっちに来る前にトヨネのところに行って…

蛇足ですよね蛇足。

「あの夜の興奮が蘇るようだった……」その言葉を聞いて、これはしまったと思いましたね。 あの夜の多くの時間は最後の最後の台詞を絞り出すのに使ったのでした。 その成果はどこかに置いておいた方がいいのかな、とも思ったのでした。 今となっては後の祭りで…

無気力に細切れに20

ついに終わりますよ。 投げっぱなしにすることで混乱を招くよ。 美しい結末は各人の心の中に思い描いてくれよな! 放課後、部室にはいつものメンバーが顔を出していたが、決して明るいとは言えない雰囲気に包まれていた。 特に話が弾むでもなく、何か行動を…

無気力に細切れに19

週が明け、社会がまた動き出す。向日葵の死に沈む友人らも、櫻子を除いて休むことなく登校していた。 それぞれの胸にはそれぞれの想いを抱いての、どちらかと言えば称賛されるべき結果であった。しかし奇しくもそれが仇となることは皆知る由もなかった。 昼…

なんなのだこの時間は……

何故かPSPをキャプチャする遊びを急にやりたくなってずっと環境構築していました……ゴミ屑プレイの名曲だけ置いておきます……。

無気力に細切れに18

千歳は図書館に来ていた。 祖母からの情報があれ以上得られない以上、ほかに情報を得る手段としてまず浮かんだのはここだった。昨日は電話を終えた時点でもう夕刻だったために断念したが、今日一日使えば何かが得られるだろうと千歳は考えた。 民俗学、地方…

無気力に細切れに17

向日葵が死んで二日が経ち、各自少しずつ折り合いをつけ始めていた。世界は何事もなかったかのように回っている。正午を過ぎ、急に空が暗くなってきた。予報では午後から雨が降るようだ。 昨日から綾乃は自室にこもっていた。何もする気が起きない。必要最低…

無気力に細切れに16

向日葵が死んで一晩が経った。 あのとき生徒会室にいた面々はそれぞれにショックを受けていたが、翌日が平日でなかったことも幸いし、いろいろなことが表面化してはいなかった。 下手にいつもどおりの学校生活を送ろうとすれば嫌でもそれに目を向けずにはい…

音楽の好みについての4

エロゲソングとか書くって言いましたっけね。 附随して電波ソングについても書くと言った気がします。書きましょう。 Kotoko - Princess Bride! - YouTube うむ。カラオケでスピコン+MAXとかで歌ったのもよい思い出ですね。 今でも歌えるでしょうねさすがに…

無気力に細切れに15

生徒会室を飛び出した櫻子は、西垣教諭の車に乗せられて病院へと駆けつけたが、向日葵は既に息を引き取っていた。 櫻子は周囲の涙を請け負ったかのように散々泣き喚いた後、なんとか引き離され、直接家に送り届けられると、部屋に閉じこもってしまった。 他…

無気力に細切れに14

綾乃か誰かの短い悲鳴を背後に聞き、櫻子は生徒会室を飛び出した。その辺を歩く日常の住人はそのただならぬ様子に驚いた様子だったが、当然櫻子の目には入らない。とにかく向日葵の元へ。それで頭はいっぱいだった。 生徒会室では「とりあえず後は頼んだ」と…

特にまとまった事柄はないので

久し振りに雑記を書きますよ。 艦これのイベントはお疲れ様でした。 個人的定義によるところのE8*1は完走できませんでしたが、まずまずの結果となりました。*2 そして軽巡にもfit砲概念が導入されたということですね。今までも言われていないだけでそういう…

無気力に細切れに13

櫻子は今日も一縷の望みに賭けて向日葵を待ったが、彼女は現れない。昨日送ったメールにも返信がなかった。それほどに病状は深刻なのだろうか。それともどうでもいい内容だと判断されてしまったのか。終いには、そんな風に考えてしまう自身に対して落胆し、…

無気力に細切れに12

人ひとりが横になることもままならない正方形の板間、その角に簡素な皿に立てられた蝋燭の明かりが細かく揺れていた。部屋、といってよいのだろうか。何せ調度品などはもちろん、窓すらない。壁も床と同じ木の板で仕上げられている。わずかな光源で窺い知る…

無気力に細切れに11

翌朝、気分晴れやかに家を出た櫻子は一転、直後にひどく落胆した。しかしなんとか、どこかでそんな気はしていたのだと自身を落ち着け、静かに門の傍で向日葵を待った。 遅刻ぎりぎりまで待ったが、結果は芳しくないものだった。 何度か向日葵の家の前まで行…

無気力に細切れに10

昼休み、櫻子は二年の教室へと足を運んだ。 今日の放課後、櫻子と向日葵は綾乃に呼び出されていた。何の用事なのか詳しくは聞いていなかったが、早い方が良いだろうと向日葵が本日欠席であることを伝えに行こうというわけだ。 「そ、そうなの。それは心配ね…

音楽の好みについての3

前回はSHで霜月はるかさんに出会ったとかいう話でした。 繋がりを意識して、今回は霜月はるかさん周辺について思い返してみます……。 同人音楽界隈で霜月はるかさんといったら結構な存在なのだと思われますが、同人音楽界隈に軸足を置いていたことはないので…

無気力に細切れに9

――まだまだ蒸し暑さが続いて寝苦しい深夜にあって、向日葵は布団を被って震えていた。 「なに……? どうしてこんなに寒いの……」 悪寒戦慄。向日葵は必死に自らの両肩をかき抱き、なんとか体温を逃すまいとしていた。しかしその動作は緩慢である。 「体が、重…

無気力に細切れに8

まあきっと、そういうこともあるのでしょうね。 元はかなり説明的だったのを削り散らかすあれを施しています……。 ******** 翌日、彼女らは前日の約束どおり放課後に部室に集まって箱の攻略を続けることにした。 メンバーは昨日と同じ六人で、結衣は…

音楽の好みについてのぐだくだ2

麻雀って楽しいね!(すーかんつ) 四槓子はなんにも関係ないですが、今日は昨日のGCに引き続き好みの音楽について書きます。 私はアニメ観始めたの遅いオタクなのでゲームに軸足置きつつアニソンはぼちぼちという感じでしたが、当時の友人からSound Horizon…

音楽って楽しいね!(コノハナノなんとか並の発言)

音楽の好みについてのぐだぐだ。 好みの音楽とかいう月並みな日記もひとつぐらい放っておきましょう。と、先日別の方が音楽について触れていたときに思って、思ったままになっていましたので今更に消化(緩慢) 全般的にいうとどうも高音部分が好きらしくて…

無気力に細切れに7

きっと、そろそろ死ぬんじゃないかな? ***** それからしばらく経って、箱を弄る京子がだらりと両腕を卓上に投げだして泣き言を言う。 「あーダメだー。これ、壊れてるんじゃないの?」 「そんなわけないだろ。何回かはちゃんと動くじゃないか」 「だっ…

よく膨らむ豆

というのは、こんな感じのことを言うのですというやつ。 ペーパードリップ - YouTube 蒸らしがな……そこでcal足りなかったんでしょうね。 特有の青臭い感じですよ。ごまかさないと飲みづらいことこの上ない。