読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たしかに正しいけど、その通りだけど。

ブログじゃないという体でまとまった文章を置いておきたい場所

アニメ雑感

 書くって言ったんで書きますよ。

 正直量が多いので言いたいことがないと言えない感じですけれどね。それぞれに対しての考えが浅くなりがちで。

 とりあえず新規作品から。

 

●プリパラ

 メガネ風紀委員の声がやべえ。

 あと快楽主義的教訓を感じた。作品を実際の存在に寄せていった結果なのだと思う。やっぱり好感持ってもらって、関連商品売れなきゃ仕事にならないしね。

 

●人生

 まだあんまり観てないけど、なんとなく好さそう。ギャグのセンスが私の好みと一致している気がする。あとの方にも書きますが、今期はそういう作品が多め。

 キャラクターがなんかはっきりあっさりとしているためか、どこかで見たことあるような感じ。あと描写が卑猥。いいんじゃないですかね。癒されますよね。

 

●さばげぶっ!

 これもギャグが好い。少女漫画臭ちゃんとする。

 あとフィクションラインがちゃんとはっきり高いのでストレスが少なめ。

 全体的によろしい。

 

●アカメが斬る!

 なんかエロいらしいですね。

 ダークなテーマが見え隠れしてるけど、半分以上キャラ作品な感じ。

 アカメのキャラクターは好きだし問題なくキャラ嗜好できそう。

 

東京ESP

 正直よくわからない。

 喰霊-零-の姉妹がモロに出てきたのでなんだろうかと思ったけど、作者が一緒ってことと、舞台設定が一応地続きだったりするのかな?

 あんまり詳しく調べる気は起きない。でも数少ないテレビで観られる作品なので大切にしていきたい。

 

月刊少女野崎くん

 これは面白いですね。これもギャグがよろしい。

 テンポがよろしい。主人公……というか、佐倉千代のパーソナリティに悪意が見えないのでストレスフリー。

 キャラ嗜好できるキャラはいないしテーマも不明だけど楽しめるという尊い存在な気がする。

 

●ひめゴト

 観たはずだけど記憶にない。

 

●ハナヤマタ

 キャラデザが怖い。色味は好き。

 レズっぽい。

 ギャグテイストは普通。キャラ嗜好はあんまりできない気もする。

 きっと希薄なテーマがあるんだと思う。あんまり悪いところがなくて大丈夫な感じ。悪く言えば結構空気。

 

●モモキュンソード

 エロは癒しっていうのは、あるので(あの格言に加えたい)。

 あとはゆるゆりですよね。ギャグや作画もよろしい。切る理由が見当たらない。全体的にハイパフォーマンスな気がする。

 惜しむらくは家のテレビに映らないこと。地の不利死んでくれ。

 

●グラスリップ

 なんだっけ。曖昧模糊。

 

●東京喰種

 味覚が変質するのが『沙耶の唄』っぽい! って騒いでいたら後輩から「ムカつくからやめろ」って怒られました。

 でもその後輩に『沙耶の唄』の何がわかるのかと訊いたらあんまりわかってなかったみたいなので言われなき意見であり考慮に値しないものと判断します(辛辣)

 あとはよくわからない。なんか苦悩を描きそうだから要するに人間を描く作品なのだろうってことで一定の面白みはあるんじゃないかなあって思います。

 でもメガネはポアだからな。

 

●残響のテロル

 ガルパン的面白さ*1がある気がする。

 かわいそうな子供類型。

 渋いおっさんが出てきて頑張ってくれそう。理性的な男性キャラクターは好ましいところなので、上手に立ち回ってほしい。渋いおっさんも、かわいそうな子供たちも。

 

サイコパス 新編集版

 花澤イラつく。

 

RAIL WARS!

 千葉エリカ死んでくれ。

 

あいまいみー

 正直言って芸人のネタみたいに、刺さるときは刺さるし刺さらないときはまったく面白くないんですよね。シュールギャグってその傾向がより顕著な気がするので、実はとても難しい作品だと思いますよ。ほんとはね。

 

●普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。

 私的に今期の覇権な気がする。

 やっぱりギャグもよろしいし、観ていて安心する。キャラクターがキ×××じゃなく、悪意もないのがいいのだろう。お約束メガネ出てきて、でもまあトムヤムクンパクチーみたいな存在になってください。

 

六畳間の侵略者!?

 フィクションライン問題的にはとても優秀な作品。

 声がやばい。

 幽霊が一番人間っぽいの、面白い。

 早見が癒し。

 

●アルドノア・ゼロ

 なんかまあ、インフラ*2は整っているのだと思う。

 理性的な主人公キャラクターらしいので、ストレスもなさそう。

 ……ほんとか?

 

ソードアート・オンライン

 平常運転っぽい。

 このやだみを煮詰めると劣等生に近づいていくのかもしれない。

 なんというか……いやまあ、いいんだけどさあ。

 アスナ出てくるとイライラするからしばらく出ないでほしい。それだけが私の望みです。

 

●ばらかもん

 いやー……なんて安定感だろう。ギャグのテイスト本当によろしい作品揃いですね今期は。その筆頭だと思いますよ。

 まあキャラクターの感情を描くのが上手なことが伴っての安定感だとは思います。このままやり切ってもらいたいですね。

 

 

 さて、継続作品も一応書いておきましょう。

 

魔法科高校の劣等生

 一部キャラクターが俺妹以来のイラつき加減だけどまあ逆に言えばその程度。

 主人公のキャラクター性にはまったくなんの感情も抱きません。そこは、他のこの作品に対しての憤りを露わにされる方からしたら大変なアドバンテージなんだと思いますよ。

 作品の系統としてはガルパン的な面白さが出そうな具合なんですが、演出というか、説明がへたくそ。もっとちゃんと細かくわかったらきっと面白みも出てくるんだと思いますが……アニメーションという媒体に向いていないのかな。

 

アイカツ!

 語るまでもなく最高なんですが、最近……7/3の回ですね、昔こんなことがあったんだよ~みたいな感じで話題が出たエピソード、実際に去年の2/25日に放映した内容のことで、実際の時間で1年以上前の話だから、1クールもののアニメでは感じ得ないような「ああ、あったねーそんなこと」といった感情が得られて、これって、とてもすごいことだな、って(一文が長い)。

 

 

 これからもどんどんぶつかり稽古しなくっちゃ!

*1:戦車道の試合観戦における戦術的というか、展開の面白さ、みたいなことです。

*2:作画とか声優の演技のレベルとか劇伴とか、お金がかかってるととりあえずクオリティが高いように見える要素たち