読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たしかに正しいけど、その通りだけど。

ブログじゃないという体でまとまった文章を置いておきたい場所

アニメ途中経過

 先日日記に書いたアニメを大体継続して観ています。

 つきましては標記のとおりちょっと現時点での雑感をしたためておきましょう。

 

神様はじめました

  普通にほっとする楽しさですね。

 しかしながら、友人に言われて気がついたのですが、物語の主人公桃園奈々生のキャラクター性は「オンナノコ」っぽくて、私にとってもやだみの元になりそうなものです。それなのに無視できている、楽しめているというのはやっぱり主人公を無視しがちだという私の特性のせいなのでしょうかどうなのでしょうか。

 少しずつ考えてみますと、おそらく、主人公由来のやだみそのものがあるラインを超えない範囲で、他の要素で十分な魅力が存在していて、その主人公のやだみが少なくともその十分な魅力を邪魔しない、というのが良い方向に作用しているように思います。

 他の要素に魅力が見出せない、無である作品の場合、主人公の目に余る言動も目につきそうです。

 キャラ嗜好できそうなときに、主人公のキャラクターでそれが上手くいかないときにも主人公に対して当然不満を抱きそうです。

 また、単純に無視できないほどに主人公の言動がキ×××じみていたら当然ダメそうです。

 

 要するに桃園奈々生の「オンナノコ」は度を超さず、ギャグのセンスが私に合っていたり巴衛などのキャラクター性に魅力を感じるために、面白く観られているのであろうということでした。

 

冴えヒロ

 普通にわりと楽しんでいます。

 まず、作画がよろしいのは普通に良いですよね。観てて安心する。

 主人公のキャラクター性が云々という評価をよく目にしますが、別に何も感じません。下手を打たないのがいいのかもしれません。要するに下手を打つ=キャラ嗜好などと衝突するということなので、そういう主人公像は受け入れられるってことですね。あと普通にちゃんとしたこと言ってません? この主人公。最新話とかなるほどって感じだったんですけど。

 あとはヒロインどもがなんか勝手に好いてくるというように感じそうなところですが、意外と丁寧に描いているように私は思いますので、別に勝手に群がってくるという印象もないです。よくあるハーレムもの全部絶対殺すマンだったら殺せるかもしれませんね。

 声もいいんですよね……加藤のキャラクターと声がよく合っている。キャラ嗜好できてとてもよろしい。この辺があるから支えられている感じがしますね。

 この魅力を芯に据えて、良い作画を纏い、別に主人公がどうこうなどといったマイナス要素を感じることもなければそりゃそこそこの作品に見えようものです。

 

みりたり!

 雑で短い感じにすっきりとしたエロで普通に清涼感漂っている(意味不明)

 エロは癒しっていうのがあるので(もちろん苛立つエロもあるんですが)、ギャグとショートアニメというのが組み合わさって、すっと効いてこれはありがたい感じがします。ということです。

 あと良い佐倉綾音って感じしますね。彼女の声だとアクティブなキ×××(ロリ)とかが摂取しやすいのかもしれません。私にとって。

 

艦これ

 やっぱり原作の台詞を差し込んでくるのがどうしても気持ち悪いですね。

 あと原作で嫌いなキャラクターはよりえぐみを伴って迫ってくるのがつらいですね。そういう特定のキャラクターだけでなく、いろいろなキャラクターがピーキーなデフォルメをされている感じですよね。もっとマイルドでいいのになぁ…………でも羽黒ちゃんはよかったです。壊されなくて本当によかった。

 展開とかについては別に何も感じません。そりゃ死ぬし遊ぶし成長するでしょって思うだけです。期待している位置が低いのかもしれませんね。

 シリアス路線にしたら心の描写を丁寧にしなくちゃいけなくなって、登場人物を減らさなきゃいけない気がするので、原作ファンの質を見極めてどうするか決めなきゃいけないんですが、そんな質なんか一定じゃないので、作りたいものを軸に据えつつ、サブ的にそれでは救えないファン層を掬おうということなのでしょうか。要するに死んだり悩んだりしながら吹雪が成長するストーリーを描きたいけどそれだと特定の艦娘が好きな人ががっかりするだろからちょっとギャグパートも入れる。みたいなテクニカルなことをしようとしたのかしら。

 結局どうなのかってのは誰にも言えなくて、どれが一番いいかなんてことは人それぞれで、それは注目されて評価する母数の多い作品になればなるほどどうしようもなくなっていくのが、原作にストーリーというか、明確な方向性のない作品のアニメ化にありがちのことなのかもしれませんね。

 なんでもお前の思いどおりになると思ったら大間違いだ!

 

銃皇無尽のファフニール

 音楽はR・O・N君だし、アナ雪みたいなものだし、エロは適当な量含有しているし作画もそこまで悪いこともなく、声もよろしいので大体満足できそうな土壌は揃っている印象の作品。

 でも前の話はちょっとつらかったですね……戦闘が冗長でした。テンポが悪いといいますか。棒立ちなのが目についちゃうんですよね。

 あと、内容をあまり把握できていないようです。ルールがよくわからないといいますか。たとえばドラゴンがDを見初めて、寄って来て、そのうちその見初められたDはドラゴンに変身してしまって抹殺対象になっちゃう。というのがありますが、それは印が光ってターゲットが判明し、守るとかいって隔離することから一定以上接近するとかで発動してしまうのかもしれませんがよくわからない。最初のイリスのときはちょっと対峙する程度の距離でもうやばいよやばいよって言ってたのにティアのときはすぐ足元まで行っちゃって……あれ、ティアを明確に狙っているわけじゃなかったんでしたっけね。

 あとユグドラシルと前のヘカトンケイル関連。とりあえずドラゴンは何回も何回も襲来するんですね? で、前の時もこれでやったと。で、あれ? リヴァイアサンがなんだって? リヴァイアサンの能力? なんなのだ……誰かこっそり教えてください。

 あとティアの角はどうした角は。人間だ! って宣言したところで取れてくれたのむ。

 

 いろいろ文句も書いていますが、まあ概ね満足です。

 

新妹魔王のなんとか

 エロは癒し作品ですね。

 この作品は珍しいことに主人公の言動が結構「わかる」って感じがして面白いのです。ただ妹だからってめちゃくちゃ無茶するのはちょっとわからない。実の妹でも死んだのかな?(無知)

 あとこれに出てくる鳶一折紙みてえな奴といい、主人公といい、過去に何かあると心に闇を抱えてて面白いですよね。ほかにも主人公とツンツン頭の敵のやり取りとか、その辺りにも人間味を感じて面白いです。

 まあ総じて面白いのですが、こういうのは実感を伴わないと理解が難しい範疇ですね。己の心を信じろ。

 

デス・パレード

 結構キャラデザに癖がありますが、普通に観ています。

 題材としては死を扱うものですので、わりとシリアスになりがちなのですが、この世でない場所が舞台になっているのでかなりフィクションラインは高め。その高めな場所でなんかそれらしきことが起こっているのをあへーっと眺めています。

 まだあまり物語が進んでいないので見守っています。そんな感じの作品です。

 キャラ嗜好は全然できていませんが、目立った瑕疵もないという感じ。

 

食レポ

 貪食レズポルノって感じしません?

 作画とか崩れないし声も悪くないし、まあいいんですけれど……目立ってよろしいこともないので、ポルノパートが目につく感じです。

 あ、百合やん。って感じで観ています。

 あとは椎名と露子がそっくりって設定が面白いですよね。どう考えても親子ってことでしょうね。恐ろしい話ですわ。

 

ISUCA

 これやばいよ~(凶悪リスペクト)

 エロは癒しなんですけれど、さすがに戦闘シーンとかがぐだぐだしすぎててダメですわ。棒立ち本当になんなのでしょうね。あと朔邪の「真名はわからないの?!」がね。何回もやるな。わからねえって言ってるだろ。あと「囮をやれ」? 主人公はなんか重要な存在じゃなかったのか? お前の頭の中はどうなっていやがる。もっと考えて動け。そんな感じがしますね。

 タマだけが癒しですよ。猫にゃ。

 

聖剣使いのなんとか

 これもやっぱり戦闘がやばい。こう考えると戦闘アニメ多いんですが、なんでしょう……戦闘シーンに対するハードル高い高-いな人間なんですかね私。そうではないと信じたいですが……。(特段こだわりがあるわけではない)

 でもなんか、最新話ででかいの出てきて、なんかやばいやばいと言われながらも、本当にただでかいだけでずっと止まってるし、多頭類のやばさもよくわからないし、わざわざ既知のランクよりももっと強いランクを新設するレベルのやばさだっていうのがまったく説得力がないというか、うーん。そんなに強い相手に対してどこかの快く思っていないおばさん方は放っておいてやらせては? みたいなこと言って実際やらせちゃうし。どうなってるんだこの世界の理はー!

 あとピンクの髪のやつが好きじゃない。小林ゆうメガネはやばすぎる。

 以上です。

 

暗殺教室

 無。

 すごいですちょっとここまで別の作品書きながらもいろいろ考えてみたんですが、無ですね。強いて言うならばギャグセンスが合わなくてちょっとつらい。

 

アイマス

 なんか言うとやばそうだからあんまり言えない感じだけど、要するにそういう感じがわりともう不快感。

 まあそれを頑張って無視して本編を観ると、アイドルやめる宣言奴も渋なんとかとかいう無愛想無礼奴も頑張ります言う機械奴もそんなにキャラクターに魅力を感じないんですね。というか前ふたつはやだみを伴います。

 丁寧に作られていて素晴らしいところはいくらだってあるのでしょうが、それ自体と観ている私に効果的に刺さってくるかは別問題なのだなあという感じです。要するに好きなキャラが出てきて、嫌いなキャラが出てこなければ最高! って褒め称えていると思います当然のことながら。

 

 

 はー書き散らかした書き散らかした。

 ユリ熊嵐とDOGDAYS´´も観ているのですが、最新話に追いついていないので書きませんでした。

 ほかにもいろいろと言い訳じみたことを言おうと思いましたがやめました。

 好いことは好き勝手書いてよろしい。悪い部分はなるべく個別撃破していこうね。