たしかに正しいけど、その通りだけど。

ブログじゃないという体でまとまった文章を置いておきたい場所

どきどき夜のメギドランキング

今日一番嬉しかったのはイベントステージ1周でミュータントメロンを2つ拾ったことです。 梅雨が迫っていますね。 こんなときは可愛い女メギドランキングの考え時。 というわけで、早速リストアップしちゃうよ。 【第14位】ネフィリム 自分に自信がなく、劣…

4周目始まりました

今回はこんな感じ。パワープレイって感じですね。 一応引き継いでいるのでレベル差がおかしいことになっています。 ケヴィンは赤子同然といったところ 4周目と銘打ちましたが、Steam版では3周目になります。 これまでのPT編成を整理すると、次のとおりです…

2周目なのに時間がかかるかかる

Steam版を買ってしまいました。ふふ。 というわけで、今度はアンジェラ、ホークアイ、デュランで始めております。 そして火のマナストーンの所まで来ました。Switch版でのPTはシャルロットがいたので回復に関しては何も心配しませんでしたが、今回は1周した…

満を持して

聖剣伝説3TRIALS of MANAをやっております。素晴らしいの一言ですね。 最初こそ、マップも全部リメイク前と同じような感じで作ってあるのかな? と思いましたが、結構違いますし、新鮮な気持ちです。 何より、モデリングがおよろしいようですね!*1それを知…

『FLOWERS』シリーズの感想【もうちょっと踏み込んでみて】

さて、区切りをつけるため、私なりにこの作品の具体的な感想も書き記しておきたいと思います。 可能な限り多くの関連コンテンツに触れ、いろいろと考えを巡らせた結果、私がこの作品に抱いた率直な気持ちというのは、一部の登場人物が好ましく思えないキャラ…

『FLOWERS』シリーズの感想【作品全体として】

最後の関連作と言われているらしい『ストレリチアの花言葉』、先程聴き終わりました。 この一か月ちょっと、『FLOWERS』という作品に触れてこられた、駆け抜けられたことは大変得難く、素晴らしい体験であったと確信しています。真に感謝申し上げます。 作品…

ようやく追いついたところで

『FLOWERS』シリーズ、発表されている作品群に可能な限り触れることができました。過去の自分に感謝するとともに、ほっと一息吐いています。 作品自体が4部作であることに加え、ファンブックやサウンドドラマなど関連コンテンツも多く、長期間にわたりその…

よい棚を募集中

コーヒーの器具類が様々な所に散らばっているために、ひと所にまとめたいなあとは結構前から思っていました。 そしてそろそろ電動ミルの購入を我慢できなくなってきたので、いよいよ設置場所について真剣に考えなければなりません。 買いたいのはこれ www.ka…

三葉木通

アケビの木の芽をお浸しにして食べると美味しいんですよ。 今頃から5月連休くらいの時期によく田舎で食べたものです。 大体ひと咫くらいのものを採っていくのですが、今調べると1把でも結構なお値段がするようですね。雑草のように生えていたのでもりもり食…

どこまでやろうかな

リャナンシィ掘りを楽しんでおりまして、とりあえず通算9つ目を引いたところです。 引いたはいいけれど、餌にできるオーブがなくてまとめられないんですよねこれが。周回PTは、左からアンドロマリウス(シェルドレイク)、フォラス(レッドウィング)、オリ…

無から無になっている

○アンテナを掲げるエネルギー FF7か何かのリメイクのテレビCMを見たので、聖剣3は具体的にいつだったかなあと調べたところ、24日に発売ということで、もうちょっと時間があるのだなあと思いました。 随分前から待ち焦がれていたので、4月に入ったらくらいな…

ガチャを引いたよ

はい。1体目はとても早かったです。 チケット範囲内でした。 ふぅん……ハニワと使い分ける場面があるのかしら。 やったーーー! ようやく……長かったですね。パイモンラッシュが捗るの。 こちらが本命。かわいい……これで怒闘も捗ります。霞を食べて生きていか…

FLOWERS4篇読了しました

ついに辿り着きましたGRAND FINALE。 ざーっと読んでしまったので腑に落ちないこともまあまああるなあという気はしましたが、それでもまた3人一緒に居られるようになったことは単純にとても喜ばしいことでした。眩しいものを見る目になってしまいますね。 …

マカロンを焼くのはやめた方がよい

自分を苛めるためにアーモンドプードルを一袋買いました。今回はついでにガナッシュクリームでも作ろうかと、ホワイトチョコレートも買ってみました。 結論から言うと、マカロンは例の如く失敗しましたが、ガナッシュは思いの外簡単だったので気分を変えるに…

頑張っています

FLOWERSのeteを読了しました。 春よりは苦しくなかったのは、千鳥の感情が抑え気味だったからでしょうか。メガネと深く関わらなかったからでしょうか。 えりかさんは賢くていいですね。あと、弱っている千鳥もかわいそうに。しょうがないね。という気持ちに…

「犬」

「犬」に一家言あり。 と真面目に言えるつもりではありますが、それも「百合」みたいなものであって、ジャンルの闇が沈澱しているのです。 闇の澱をもってして、それをジャンルとするのでありますから、「『百合』界隈」に対して抱く、小気味の良くない印象…

こわかったね

FLOWERSのpritempsを終えました。 苦々しいお話でしたね。煮え切らない感じですが、本当になんとも言えない読後感です。感慨の絶対値が迷子。 決して悪いということはありません。続けてファンブックも読みましたが、微妙な調整を余儀なくされた部分があると…

こわいわ

FLOWERSのprintempsに手を出しています。 CLANNADの渚が好きな人は感じ入るものがあるでしょう。 しかし比べ物にならないくらいに濃密で、甘く、そしてこわい。 明日はガチャで爆死しようと思います。たのしみですね。 この気持ちを一度記しておかなきゃなら…

次は百合4部作よ

『クロウカシス』やり切りました。 最初普通に自力でやろうとしましたが、まー難しいこと。館の中を自由に移動できるし、探索できるし、時間経過はあるしでめちゃくちゃでした。 いやしかし、クローズドサークルミステリやりながら、あの短期間であの数のヒ…

すぐ背後に迫っているんだ

よくよく思い返すと、最近はアニメを観ない代わりに本も読んでいたので感想を書きます。 『おるすばん』 面白かったですね。満足度90%でした。手放しに褒め散らかすに至らなかったのは、終盤がちょっとだけとっ散らかったような気がしたからでした。でも、本…

消耗している

○メギド 最近は引きがよく、多分チケット7枚くらいと石10回分くらいで初めて引いた四角がBプルフラスだったので撤退。揺り戻しが恐ろしいことです。 〆チケは少し悩んでサブナック。無限に確率かばいしてくれよな。 今のイベントはオーブがやばいらしい。前…

自罰の意義が……わかって……きたにゃ

・近況 最近は頭がおかしくなって死んだふりを続けていますが、抜け出せなくなりました。 ・メギド139ちゃん まだ一応ちゃんとやっているのですけど、先日、悪いことがあったあとには佳いこともあるようにちゃんとバランスを取っているのだかなんだか、とに…

くまみこのはなし18

18. 隣町の病院に負傷したまちを運び込んだ。すぐさま緊急手術となった彼女の処置をまんじりともせずに待つ時間、オレは川の深みに嵌まるように自分の世界に浸り込んでいった。 ナツの最期の様子や置いてきてしまった山村さんの表情が脳裡に代わる代わる…

くまみこのはなし17

17. 一定のリズムで打ち鳴らされる柏手。 その洞窟の形状から、拡声器のように反響が集落の方まで響くようになっているのだろう。 まちは前に出ると祭壇の前で祝詞を唱えはじめた。 柏手の調子とそれに合わせた祝詞に従い、熊の毛皮を上半身に被った男た…

くまみこのはなし16

16. 「起きなさい」 その声に、私は意識を取り戻す。 目を開けるとそばに吊るされた裸電球の橙色の光が視界を焼く。 手を翳しながら目を細めると、私に話しかけていたのは見知らぬ老婆だった。 また寝てしまっていたらしい。今が何日の何時なのかわからな…

くまみこのはなし15

15. 朝起きると、まちは忽然と姿を消していた。 昨夜のことは最後の方をよく憶えていないが、体液とともに感情もすっかり排出されたらしい。 体調は万全とはいかないけれど、今のボクからすれば最上だ。精神的に解放されている。 さあ、準備を始めよう。…

くまみこのはなし14

14. 「どう、ナツ? きもちい?」 「うん……ありがとうまち」 私が声をかけると、静かにナツが答えてくれる。 台所とナツの部屋を何度か往復するうちに、すっかり気持ち自体は落ちつていた。 普段なら浴室に叩き込んでブラシでごしごしとこするところだが…

くまみこのはなし13

13. 痛い。寒い。冷たい。 ぼんやりとした意識の中で原始的な感覚が蠢く。 ほの白い光が上方に浮かんでいる。それはゆっくりとした動きで下まで動くと、徐々に範囲を拡大していく。 いつしか水の流れる音が違和感をもって聞こえはじめる。 そして白い光の…

くまみこのはなし12

12. 弱ったナツの世話をまちに任せてふたりの元を離れたオレは、まっすぐ帰途に就いた。 自宅に着き玄関の戸を開けると、そこには両親が揃って待ち構えていた。 面食らうオレを無視しておやじが言う。 「よしお。話がある」 「……はい」 そのいつになく厳…

くまみこのはなし11

11. 慎重になればなるほどに震える体をなんとか抑え、ボクは廊下を進んだ。 薄絹一枚を身にまとい、軽いはずの体なのに、それでも満足に動くことができない。 どうしてこのタイミングなのだろう。 なんでこんなときに、あの人は来たのだろう。 そして、あ…


掲載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。